市の空き家バンクを利用しました。

PR|http://www.kaitai-mitsumori.com/|

夫の実家が空き家になってしまいました。私の家から徒歩5分の場所の私の実家は長年空き家となってあります。
もうかれこれ10年になる空き家なのですが、なかなかその管理が大変なのです。

・害虫① ハエ
1年に1~2回は空き家の状況を確かめに家の中に入るのですが、ハエの被害はひどいです。空き家の中に巣を作ったり卵を植え付けたりして育っているのか、その時には処分しても完全に処分出来ない状況が続いています。

・害虫② 蜂
今までに2回、蜂の巣と遭遇した事が有ります。幸いにしてスズメバチではなかったので、駆除も比較的簡単に出来たのですが、夏から秋にかけての時期には家に入るときに注意をしています。
この蜂の巣は空き家の中だけでなく、近隣にも影響を及ぼしてしまいますし、しっかりと駆除する様にしています。

・ネコ
実際に家の中で遭遇したことは無いのですが、明らかにネコが侵入している様子があるのです。ネコはしっかり戸締りをしていても隙間を見つけて入ってくるのでしょう。
ネコは寒さをしのぐため、空き家の室内を棲み家にするのでしょうか。
ただ、空き家の中では餌の確保が難しいため、近隣住宅に侵入したり、地域のごみ回収所を荒らしているのかと思うと、この空き家にも責任があるので、しっかりと侵入を防ぐようにしたいと思います。

夫は私が実家の管理で苦労しているのを見ているので、自分の実家を時々訪れては空気を入れ替えたりしていたのですが、やはり人が住んでいないと家の傷み方が激しく、このままでは家として使えなくなると思い、借り手を探すことにしました。

しかし、田舎の山間部にある古い家を借りてくれる人はなく途方に暮れているところに、市が空き家対策として「空き家バンク」なるものを始めたという情報を得たのです。

「これだ!」と思い早速市に申し込むと、担当の方がすぐに空き家を見に来られて、写真を撮ったり間取りを聞かれたり、希望の家賃額を聞かれたりしました。

市のホームページに情報を乗せてもらい、借りたいという人からの連絡を待つことに。

連絡は全て市を通してなので、こちら側としても煩わしいこともなく、かつ安心できました。

実際に3組家を見に来られたのですが、市の担当の方が空き家まで連れてきてくださり、私たちは現地で待っているだけ。

おかげさまで何とか借り手が見つかり、契約することが出来ました。

市の担当者の話によると古民家ブームということもあり、古い家がいいという方が結構いらっしゃるようで、古い家でもそこそこ需要があるようです。

まぁ、家賃1万円という破格値にしたことも、借り手がすぐに見つかった理由の一つだとは思うのですが…。

 

こちらとしては借りてもらえるだけで有難いので、満足しています。次は私の実家を出してみようと考えています。

 

 

 

PR|お家の見直ししま専科|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の口コミ.COM|英語上達の秘訣|心の童話|健康マニアによる無病ライフ|内職 アルバイト|生命保険の選び方|オーディオ|住宅リフォーム総合情報|アフィリエイト相互リンク|家計見直しクラブ|英語上達の秘訣|童話|ショッピングカート|女性向けエステ.com